ブリューゲルとネーデルランド絵画の変革者たち

ブリューゲルとネーデルランド絵画の変革者たち 幸福輝著

 

ブリューゲルは写実と幻想の画家です。民衆、怪奇幻想、風景をえがいています。

 

著者は怪奇幻想のもう一つの写実を説明してブリューゲルの世界を解明している。

 

雪の狩人の絵を見ると、村上春樹の「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」

 

の幻想世界がイメージとして浮かびました。

 

静謐で清潔な雪の幻想的な世界に引き込まれます。

 

東京都美術館でブリューゲル展が7月2日まで開催されています。