スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで

スティーブ・ジョブズ(原題 Becoming Steve Jobs)

 

今までスティーブ・ジョブズについて本や映画が出ているが、

 

この本は成功物語の本ではない。

 

アップルの創業者でありながら、追放されたあとからの成長の物語だ。

 

短気で独断的な性格のように思われているが、

 

点と点をつながるのを、長い時間をかけて待つこともできる。

 

そうなるにはアップルを追放されてから、復帰するまでの経験があった。

 

著者のブレント・シュレンダーは友人としての視線で

 

スティーブ・ジョブズの成長の過程を書いている。

 

興味のあるエピソードが書いてあった。

 

 

 

1