伊藤若冲 動植綵絵 全三十幅

伊藤若冲 動植綵絵 全三十幅 東京文化財研究所著、編集 宮内庁三の丸尚蔵館編集

 

動植綵絵は若冲畢竟の大作として知られる。

 

中国畫の模写を繰り返しても。宗元の画人と肩を並べることはできない。

 

模写は対象と一層を隔てることになる。

 

対象を直接描くために庭に鶏を飼って、その姿を観察し、写生した。

 

細部まで丁寧に描いている。超絶技法です。

 

この図録は細部を拡大してあるので、若冲の緻密な筆使いが分かる。

 

黒と白との対比が細部まで輪郭が鮮やかです。

 

 

1