日本のブックカバー

日本のブックカバー 監修書皮友好協会

 

ブックカバーというのは、日本独特のものらしい。

 

この本を見るといろんな書店が店独自のブックカバーをつくっていたのがわかる。

 

おもしろいデザインのブックカバーの画像が載っている。

 

欲しいと思うブックカバーがある。

 

ブックカバーをつくてみたいが、

 

ブックカバーが欲しい人が何パーセントいるか。悩ましい。

 

今アマゾンで新刊本を購入すると帯はついていない。

 

効率化の時代には、帯とブックカバーは求められていないようだが、

 

熱烈な愛好家もいる。書皮友好協会はその愛好家の集まりだそうです。

 

帯がなければ、本ではないという人もいる。

 

新刊を買ってもブックカバーが付いていないと、

 

新刊とは呼べないという人もいるだろう。

 

古本にブックカバーをつけている店はあるのだろうか。

 

 

 

 

1