ポートレイト 内なる静寂

ポートレイト 内なる静寂  アンリ・カルティエ・ブレッソン

 

アンリ・カルティエ・ブレッソンは自分に向けられるカメラを

 

嫌悪していたのは有名な話だ。

 

ポートレイトは撮影するものと、撮影されるものとの緊張感がある。

 

奪うものと、奪われるものといってもよい。

 

セルフポートレイトをみると、自己の影を撮っている。

 

内なる静寂の意味が分かる気がする。