天平の楽園 東大寺

天平の楽園 東大寺 三好和義著

 

三好さんは中学生のころから奈良の古寺を写真の被写体に選んでいます。

 

東大寺を撮れる写真家になるのが目標だったそうです。

 

いまは奈良に住み古寺の写真をとっています。

 

楽園というより極楽のほうが雰囲気が出るような気がします。

 

ジャケットの題字は華厳宗管長が書かれています。

 

不思議な魅力のある字です。

 

 

 

 

 

アート関連の図録、雑誌を買取しています。