展覧会カタログの愉しみ

展覧会カタログの愉しみ 今橋映子著

 

美術館に行くと展覧会カタログを買ってしまう。

 

展覧会の作品が気に入ったらカタログを購入する場合があるが、

 

衝動的に買ってしまって、荷物になって負担になることもある。

 

しかし、日本では展覧会カタログは書店で販売していないので、

 

後で見たいと思った時には買ってよかったと思う。

 

展覧会カタログにはキュレーターの解説が載っているので、

 

美術本とは違った愉しみがあります。

 

この本に載っているのは著者のお気に入りのカタログが掲載されているのだろうか。

 

著者のように日本の美術館だけでなく、世界の美術館で展覧会をみているなら、

 

分量が少ないように思いました。続編が出るのを期待します。

 

 

1