写実 リアルのゆくえ 姫路美術館

写実 リアルのゆくえ 姫路美術館

 

高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの

 

高橋由一以来西洋の写実技法を学び、多くの画家が写実画を描いてきました。

 

明治以降の写実画が多く展示されています。

 

磯江毅のように高橋由一をオマージュする作品も展示されています。

 

写実画は時代の変化によっても、画家の思想によっても違っています。

 

リアルを突き詰めると抽象になる作品もあります。

 

写実画は画家によってすべて定義が違うのがわかりました。

 

 

コメント