それまでの明日

それまでの明日 原鐫

 

もう読めないのかと思っていた原寮の小説がでた。

 

遅筆の作家はいるが、14年かかる作家はいないのでは。

 

14年たてば作家も変わるし、読者も変わりますが、

 

アマゾンの書評欄を見ると多くの読者が新作を待っていたようです。

 

沢崎は相変わらず携帯は持っていないし、タバコも吸っている。

 

しかし老いを感じる場面がありました。

 

登場人物の中で相良が介護を始めたのを読んで驚いた。

 

著者も登場人物も少し優しくなったようです。

 

ハードボイルドの主人公が老いてゆくのもよいものだと思いました。

 

 

 

 

コメント