現代美術ビエンナーレ2018展

第6回世界文化遺産姫路城 現代美術ビエンナーレ2018展

 

イーグレひめじB1Fで7月13日〜22日まで開催されています。

 

東京でも画廊が減少している現状でアーティストの発表の場として、

 

地方でビエンナーレ展が開催される意味は大きいと思います。

 

現代美術の裾野を広げるには、地方で開催することです。

 

この美術展はユーモアのある作品が出品されていて、楽しい展覧会です。

 

同じフロアで「姫路市民美術塾 コレクションと対話する」が展示されています。

 

姫路市民美術塾では、鑑賞ツール 分解スタンプサービスもあります。

 

アート関連の図録、雑誌を買取しています。

 

 

 

コメント