線は、僕を描く

線は、僕を描く 砥上裕将著

 

久しぶりにジャケ買いをしました。

 

線と余白の美しいジャケットで小説の雰囲気が出ています。

 

著者は水墨画家で水墨を知らない人にもわかるように書かれていて、

 

瑞々しい文体で読みやすく、一気に読みました。

 

第59回メフィスト賞受賞作です。

 

 

 

 

コメント