墨 2014年 10月号 小作品を楽しむ

墨 2014年 10月号 小作品を楽しむ

 

日本の住宅環境が変わってきて、床の間が家の中心でなくなってきました。

 

リビングが中心になってきて、掛け軸を掛ける場所がなくなってきた。

 

書の大規模な公募展に見られる長条幅など掛けるところがない。

 

生活の中で書を飾るには小作品が適しています。

 

書の作品は売れないといわれていますが、売れるような作品を制作しないからだと思います。

 

手ごろな価格で、リビングに飾れる小作品であれば購入したい人はいる。

 

特集記事の小作品を楽しむ、は売れる書を作る参考になります。

 

 

アート関連の図録、雑誌を買取しています。