新版クレーの日記

新版クレーの日記が葛西薫のブックデザインにより新装復刊されました。

 

旧版のジャケットのほうがシンプルで好きでしたが、

 

新しいジャケットも慣れてくれば馴染んでくると思います。

 

パウル・クレーは戦争、亡命、闘病生活の身に起こった出来事を、

 

日記に書くことで、時代性をアートの中に取り入れた。

 

文章を書くことで、死後高い評価を受けた画家だと思います。

 

 

 

アート関連の図録、雑誌を買取しています。

ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で

ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で ジョン・M・マグレガー著

 

清掃業の仕事をしながら60年間かけて書いた小説と挿絵は圧倒されます。

 

現実の世界は厳しいですが、非現実の世界も残酷で厳しい。

 

非現実の世界で子供たちは奴隷にされ虐殺される。

 

ヘンリー・ダーガー は残酷な現実と非現実の世界を生きのびるるために、

 

神に救いを求めるために物語を創作した。創作する動機は生きのびることです。

 

アートの根源的な力をこの作品は表現しています。

 

 

アート関連の図録、雑誌を買取しています。

現代美術ビエンナーレ2018展

第6回世界文化遺産姫路城 現代美術ビエンナーレ2018展

 

イーグレひめじB1Fで7月13日〜22日まで開催されています。

 

東京でも画廊が減少している現状でアーティストの発表の場として、

 

地方でビエンナーレ展が開催される意味は大きいと思います。

 

現代美術の裾野を広げるには、地方で開催することです。

 

この美術展はユーモアのある作品が出品されていて、楽しい展覧会です。

 

同じフロアで「姫路市民美術塾 コレクションと対話する」が展示されています。

 

姫路市民美術塾では、鑑賞ツール 分解スタンプサービスもあります。

 

アート関連の図録、雑誌を買取しています。